スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年もあと1時間。
とてもとても穏やかな年の瀬です。
両親も今年は珍しく大晦日の仕事を早く切り上げてきました。
妹も弟も(その彼女も)ムックも(←うちのミニチュアダックス)揃って
全員で紅白を見ております。日本の大晦日です。
さっきまでK-1とPRIDEをはしごしてたけど^^;
山本KID最高!ボビー最高!!
スポンサーサイト
やっちまいました。
今年最後の大チョンボ。
車ぶつけちゃいました。
状況としては「こすった」という感じなんだけど事態はなかなか深刻です。
写真も載せたくないくらい^_^;
まぁ今年残ってた悪運をこれで使い切ったと思えば。。。
まだ間に合います。
今年こそは禁煙を!と思ってたあなた。
今日と明日くらいはガマンしましょう。
年内に素敵な恋人を!と思っていたあなた。
出会いはいつやってくるかわかりません。油断しないように。
大事なありがとうを言いそびれてたあなた。
いまから100回くらい言ってみましょう。しつこいくらいに^^
大好きな人のはずなのにケンカしてしまったというあなた。
いますぐ電話しましょう。きっと少しすれ違ってるだけです。

今年のことは今年のうちに。
まだきっと間に合います。
王府のニラ豚。
今年の大分での最後の食事は中華料理店「王府(わんふ)」にて。
いつもの「ニラ豚」をいただいてきました^^
これとライスさえあれば他には何もいりません。
いぜんより味が落ちたという人もいますが
「いぜん」を知らない僕には関係のない話です。
おいしいの一言です。
大分ってホントおいしいものには事欠かない場所だなぁ。
もちろん福岡も負けてないけどね。

その福岡にいまから帰省です。
帰っておいしいものいっぱい食べよっと^^
20041230143219.jpg
Sunrise & Sunset
ずいぶん前の記事でも紹介したんですが僕の部屋には長い長い時計があります。
自作の時計なのですが実はこれには隠しモチーフがあります。
それは「夕陽」。故郷・志賀島の海に落ちる夕陽を模してデザインしました。
この時計にいくらかの好意ある反響をいただいたので
チハルさんに承諾をいただいてカフェ・ガーデンに置いてもらう事になりました。
もちろん部屋にある物を持っていくのではなく新しく製作するのですが
せっかくなので少し違う物にしたいと思いあれこれと考えました。
あれこれ考えたわりにはやや単純ですが「夕陽」の対は「朝日」だろうという事で
僕の部屋にある時計とほぼ左右対称のデザインにしました。
cafe-gardenの「Sunrise」とcafe_ksukeの「Sunset」。
完成品は納入済みなので年明けにもお披露目されると思います^^(写真はその時に)

ちなみにメインの板と下の細い板の長さにも秘密の法則があります^^
実物を見て思い当たった方はksukeまで^^
20041230003544.jpg
イライラ。
今日は仕事納めで明日から夢の連休に突入!
。。。というのになぜか仕事終了から「イライラ」が発生してます。
年に一回くらいあるんだよねぇ。原因のわからない「イライラ」。。。
年に一回くらい。しかも数時間で去っていくのでそんなに気にしてないけど^^;

今日はPeaが年内最後の営業日だったので仕事帰りに「Pea納め」に行ったのだけど
他のお客さんの騒がしさに閉口して早々に店を後にしたのでした。
店を出る寸前に同じ職場のminako姉さんに会わなかったら
そしてmegさんの笑顔がなかったら僕は間違いなく叫びだしていたでしょう^^;
↓というわけで記念撮影(何の記念?)
20041228212618.jpg






結局お二人にいやされながらもさらなる癒しを求めてガーデンへ寄りました。
カウンターで話してるとケンさんも朝から原因不明の「イライラ」に悩まされていたとの事。
もしかしたら今日は大分県中部地方に「イライラ」がまん延していたのかも知れません。
ともあれ2軒のカフェはしごで僕の今年の「イライラ」は解消されました。
これで良い年の瀬が迎えられそうです^^
バスケ納め。
泊まり勤務明けの重い体を奮い立たせてバスケットに行ってきました。
なんと言っても今日は2004年最後のバスケの日。
今年1年とりあえず無事にプレーできた事に感謝しながら
そして相変わらず楽しいメンバーに感謝しながらの2時間でした。
tGのみんな!来年もよろしく!

↓1on1 !                ↓みんなぐったり。。。
1on1ばすけおさめ
M-1グランプリ。
若手お笑い芸人のNO.1を決める『M-1グランプリ』が行われました。
優勝候補の「笑い飯」。実力で一つ抜けている感の「アンタッチャブル」。
敗者復活からは「麒麟」。最後の挑戦(結成10年目)となる「タカアンドトシ」。
例年よりは小粒揃いな感じは否めませんでしたが
その中で異彩を放ち今大会のサプライズとなったのが「南海キャンディーズ」でした。
結成2年目で初の決勝出場。
さらに優勝決定戦進出という快挙まで成し遂げてしまいました。
メンバーの「しずちゃん」は女性として初のファイナル出場者。
話題性もあり実力もありそうなコンビなので今後の活躍が期待できそうです。

優勝は大方の予想通り「アンタッチャブル」でした。
今年が最後の挑戦で気合いも入っていたようだし安定感は抜群でした。

今回のMVPは決勝の順番を決めるくじをひいたレスリングの「吉田沙保里」ですね^^
「千鳥」を2年連続のトップバッターにして最後に「笑い飯」「アンタッチャブル」。
普通のくじ運ではなかなかこんなにうまくいかないでしょう^^

しかし島田紳介も松本人志もいない審査員席は寂しかったなぁ。。。
友達100人できるかな。
ガーデンで遅めのランチをとってると
「ウミガメ」の話で同席したまどかさんが来店されました。
僕はすぐに仕事に行かなければならなかったので少ししかご一緒できませんでしたが
お客さん同士で知り合えてコミュニケーションがとれるのってなんだかうれしいです。
まどかさんは楽器ができるそうなので
機会があれば演奏を聴かせてもらおうと勝手に考えてわくわくしてます。

最近はガーデンがいろんな意味で生活のハブになってるなぁ。
正式メニューに!
神戸から戻ってすぐにお土産を片手にガーデンに行って来ました。
デザートが書かれている黒板に「バナナとナッツのケーキ」の文字。
りえちゃんのケーキが正式にメニューとして採用されたそうです。おめでとう^^
試作品より盛りつけもグレードアップしてました。味は言うべくもなくgoodです!
20041225222647.jpg
ぐるぐるが見たくて。
本福寺を見た後は一気に淡路島を縦断して鳴門海峡を徳島県側に渡りました。
お目当ては最大直径20mにもなる「ぐるぐる」こと鳴門の渦潮です。

怖かった^^;
僕はキュウリと高いとこはだめなんだよね。
大鳴門橋の車道の下を通る遊歩道(県立「渦の道」)は
数メートルおきに床がガラス張りになってるんだけどそんなところ怖くて歩けません。
lukinoさんとsukehiraさんは
いじめっこのように僕をそのガラスの上に乗せてくれたけど^^;
おかげで寿命が3日くらい縮まった気がします^^;
しかも潮の具合でぐるぐるも見られずじまい。。。
潮の具合の良いという夏にリベンジだな。
20041224162918.jpg
安藤忠雄を巡る。その2。
レンタルのファンカーゴに乗り込み午後の部のスタート。
今回の旅行の目玉でもある
本福寺「水御堂」(ホンプクジ「ミズミドウ」)へ向かいました。

大きな白壁で遮られたアプローチを抜けると不意に目の前に広がる巨大な蓮池。
この池の中央部を割って潜るように階段を下りるとそこが本堂です。
入場料の300円を支払って本堂にはいると一面の赤い壁。
蓮池と同じ円筒型の造りになっていて周囲をぐるっと板張りの廊下が巡っています。
廊下を半ばまで進むとようやく真ん中の部屋に入ることができます。
ここにご本尊が設置してあり荘厳な張りつめた雰囲気を漂わせていました。
ウェスティンホテルの建築群(たとえば「海の教会」)より深い感銘を受けたのは
僕が東洋人(仏教圏の人間)であるからなのでしょうか?
とにかくこの空間を実際に体験できたのは大収穫でした。
建築とは?宗教とは?人間とは?
といったことを考え直すいいきっかけになった気がします。
安藤建築を巡る。その1。
今日は丸1日時間があり
sukehiraさんもlukinoさんもわがままを受け入れてくれるので^^
「安藤忠雄建築プチツアー」を敢行しました。
午前中は体調のよくないlukinoさんを部屋に残しsukehiraさんと2人で行動。
まずはホテルのある『淡路夢舞台』の敷地内を巡りました。
写真なんかでは沢山見ている「安藤作品」ですが生で見るのは実は今回が初めて。
ホテル棟をはじめとして世界のキク科植物を植え込んだ『百段苑』。
百万枚のホタテ貝を敷き詰めた『貝の浜』にコロッセオを思わせる『野外劇場』。
どれもこれも本当に素晴らしい建物ばかりでした。
しかし!一番の期待はホテル内にあるチャペル『海の教会』。
今日は利用予定がなく締め切られており承諾をいただいて見学してきました。
写真は後々アップできると思うのですが感想だけ言うと。。。
ちょっと残念でしたね~。
天井から差し込む外光が十字架を形作る仕掛けになっているのですが
あまり日差しのある時間/季節ではなかったので。。。
ともあれその建築思想はとても素晴らしいと感じたし
実際に目にし肌で感じることができたのは貴重な経験でした。

午後にはlukinoさんも合流しレンタカーもゲット。
さらに素晴らしい「安藤建築」に出会うことができたのですがそれは次回の講釈で。。。
20041224122855.jpg
見て見て。
点灯の瞬間を見るために早くから近くの喫茶店にいたのだけれど
一時間ほど前に行ってみるとなんともうライトアップ済み!
え?点灯時間は適当なの?それが関西人ルール?
腑に落ちないながらもとりあえず会場への列に並びました^^;
交通規制された道路を人の流れについて行くと列の最後尾らしき場所へ。
そこにはこれまたなんと「ルミナリエまで90分」の文字が。。。
もう町中がディズニーランド状態。
90分待ちなんて「プーさんのハニーハント」以来見てないよ。

けれどそんなもやもやも光のアーケードが見えてくると一気に吹き飛びました!
テレビや写真で見る迫力をはるかに超える圧倒的な存在感。
しばらくは「うぉー」とか「うわぁー」と言った奇声しか出ませんでした^^;
アーケードを抜けた広場に円形に配置された光のモニュメントも壮大でした!
これはもう実際に見て感動してもらうしかないですね。

ルミナリエにお越しの際は「ルミナリエ募金」への協力と
「ルミナリエ宝くじ」の購入もお忘れなく(僕は千円分購入して百円バック^^;)。

20041223185109.jpg
←予想以上に感動した。
点灯2時間前。
20041223161442.jpgルミナリエ会場付近に到着。
かなり人が増えてきました。
それだけで。
20041223111540.jpg日本も狭くなった。
少し早く起きて電車に乗り
パンとオレンジジュースの朝食を摂り
寝て起きて寝て起きて
ワールドカップ・アジア最終予選の記事に目を通し
クレイジー剣や甲本ヒロトや吉田美和や
タテタカコや井上陽水の歌声に耳をかたむけ
雲の行列に物語を感じ
午後の紅茶・クリームティーにうなずき
ブローティガンの夜の図書館を訪ね
友人の書き込みに微笑み

。。。そうしているうちにもう神戸。
もう彼らに会えるのだ。
線路は続くよ。
20041223072226.jpg7:18高城発。
大分を経由して神戸へ。
JoJoにテンションあがってきた。
「燃年会」ならず。
同僚とプチ忘年会。「ほとじま」というお店でマグロ三昧してきました。
はじめていったお店だったけど味も良く値段も激安でなかなか良かったです。
その後「神崎海水浴場」にいって念願のたき火をしようと思ったんですが
残念ながら目をつけていた薪の山(ゴミの山)がきれいに片づけられていました。
未練は残ったもののたき火は断念。海を眺めて少しお話をして帰ってきました。
来年こそは。新年会こそはたき火を。。。
冬の空気。
太ったペングィンが通りを東から西へ歩く。
一面雪と氷に覆われた場所であるがそこが「通り」であることは疑うべくもない。
なにしろペングィンが歩いているのだから。
彼は氷のプレートを頭にのせて慎重に片手で支え
右に左に体重を移しながらゆっくりゆっくりぴょこぴょこと歩いていく。
脇目もふらず哲学的沈黙のうちに。
あるいはそれはペングィン的沈黙と呼べるかも知れない。
けれどどう呼ぼうとたいした問題ではない。僕らにとってもそして彼にとっても。

行くあてはある。待っている人もいる。
氷のプレートと沈黙の深さはその場所への郷愁か。その人への愛情の深さか。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「慌ただしさを迎える直前の閑散とした空気の町並み」が僕に与えたイメージです^^
2004年12月22日 Peaのカウンターにて。
忘れること。忘れないこと。
今日は職場の忘年会でした。
明日は同僚と2人だけのプチ忘年会。
先週末はバスケの忘年会もしたしこんなに忘れっぱなしで良いのだろうか^^
そんなことを考えながらガーデンでコーヒーを飲んでると前の職場の後輩から電話が。
忘年会の途中で酔っぱらってかけてきたようで懐かしい声と次々に再会できました。
忘れないでいてくれる仲間達に感謝。
新年会に別府旅行を計画すると言ってたのでおもてなしを考えねば^^
目指せ2005!
見てしまった。。。デジスタ・アウォード2004。
日頃からデシスタは予約録画してるんだけど
下手に刺激を受けないためになるべく見ないようにしてるのです。
しかし今日はちょっと魔が差して見てしまった。。。
しかもアウォードだけに作品のクオリティが高い!
う~ん。。。やはり目指せデジスタなんだよなぁ。
ちょっとちゃんと頑張ろ>_<目指せデジスタ・アウォード2005!
絵も描けないし物も作れないんだけどね。。。
iPhotoよ。安らかに眠れ。
さて。久しぶりに「Mac」のカテゴリーに新しい記事が追加されます。
Macユーザーの皆さん。iPhoto使ってますか?ん?微妙だよね。
そう。実を言うと僕もほとんど使ってません^^;動作遅いし実用性あまりないし。。。
しかも外部ストレージ(USBメモリーとか)を接続する度に
勝手にiPhotoが起動してしまって
「あぁ。また起動が終わるまで待って終了させなきゃ」と困ってたりしませんか?
iPhotoの設定を見ても「システム環境設定」を見ても
自動起動をOFFにする方法が分からない!
。。。僕もそうでした。では解決方法をお教えしましょう。
ちょっとややこしいです。
作業自体は簡単なんだけど仕組みが「えっ?」という感じです。
1:「Macintosh HD」>「アプリケーション」内の「イメージキャプチャー」を起動。
2:「イメージキャプチャー」メニュー>「環境設定」を開く。
3:「カメラ」タブをクリック。
4:『カメラを接続したときに起動する項目』を「割り当てアプリケーションなし」に設定。

この見えないとこで動いてる「イメージキャプチャー」なるアプリケーションが
接続された外部ストレージを自動認識してiPhotoを起動してくれてたんですね。
う~ん。よけいなお世話^^;
まぁ。これであなたも快適なiPhotoレス生活が送れること間違いなし!
ちなみに写真の整理は手動でやってます。いいフリーソフトでもあれば考えるんだけど。。。
今日のガーデン。
今日もお昼はガーデンに。
「今日のガーデン」そんな名前のコーナーができそうな勢いです^^
明日からしばらくは行けない感じだけど。。。

いつものごとくゆっくりしてたら
ケンさんが新ブレンドのコーヒーをいれてくれました。
酸味の苦手な僕にぴったりの優しい味でとてもおいしかったです。
20041219151157.jpgチハルさん。ケンさん。"一家に一台"りえちゃん。
味見ならいつでも任せて下さい^^

いい場所を探しに。
「人間の顔を1番美しく見せる照明は何か?」
もちろん答えなんてないのだけれど僕はたき火の照り返しというものに魅力を感じます。
たき火の炎の前では誰もがおしなべて寡黙になり
多くは炎の中に自分の姿や過去や未来を投影しているよう見えます。
そんな時に人が見せる表情はとても実直でとても美しいものです。
そこにたき火の照り返し。陰影。
徳島の社長さんがこう言っていたのも思い出します。
『たき火の炎は太陽の炎なんです。
太陽の光が染み込んだ木々を燃やして人は明かりを採り暖を取るんです』

今日はたき火ができる場所を探して東へ東へと車を走らせました。
大分市付近の海岸線はほとんどが埋め立てられてたき火に適した場所はなさそうです。
たき火はなんと言っても砂浜。河原や山あいの場所では情緒が足りません。
大分市の隣。佐賀関町・神崎に海水浴場があるという情報を得て行ってみました。
なるほど。流木も適度にありいいたき火ができそうです。
到着した頃には陽も落ちて写真は撮れませんでしたが。。。(ennaさん情報ありがと)
今日はあくまで下見のみ。一人でたき火すると不審がられそうだからね^^;
来週中には。年内には行きたいなぁ。
忘れていいことは忘れる会。
昨夜(18日)はTricky-gの忘年会でした。このチームでの忘年会もはや3回目。
メンバーに多少の変動はあるもののそして残念ながら参加できなかった人もいるものの
今年も変わらず楽しく賑やかな年忘れ会になりました。
↓一番浮かれてた人↓
20041218222438.jpg

世間の忘年会も今日がそのピークだったようで
残念ながら2次会の場所は飛び込みではキープできず
少人数にばらけつつそれぞれの足のむく店に向かいました。
僕はyamaさんとennaさんと3人で『tayu-tau』というカフェへ。
初めて訪れた店でしたが夜中でもしっかりとしたsweetsが食べられるようなので
今後もいろいろと使い勝手はありそうです。。。いろいろと。
↓yamaさんとの極秘プロジェクト進行中↓
20041219014037.jpg

カフェを出たのは夜中の2時。
なぜかyamaさんと僕はそれぞれの家まで歩いて帰る事にしました。
毎日のように車で通る道ですが歩くのは初めて。
心地よい冷気の中をさくさく歩き1時間かけて帰り着きましたとさ。
世界一遅い田臥ニュース【その2】。
田臥勇太選手。残念ながらサンズを解雇されるようです。
他のチームからオファーが来るよう祈ります。
ポイントガードの選手層が薄いチームってどこだろう。。。
淀みのない時間。
とうとう念願のデビューを果たしました。
カフェ・ガーデンのカウンターデビュー^^
夕方4時過ぎにガーデンを訪れるとカウンターの端にお客さんが一人。
いつもならここでひるんでテーブル席に座ってしまうんですが
ちょっと勇気を出して4席ある反対側の端っこに席を取りました。
最初は僕も緊張してたんだけど^^;しばらくするとだんだん空気もなじんできて
チハルさん。ケンさん。りえちゃん。
そしてお客さんのまどかさんまで巻き込んで「ウミガメのスープ」の話に。
お店の3人はもちろんのことまどかさんもすごく感じのいい方で
とてもとても楽しい時間を過ごすことができました。
りえちゃんがあがりまどかさんが帰りケンさんが席を外し
最後にはチハルさんと二人になってしまいましたが
フットサルやらバスケットやら音楽やらはたまたちょっとした人生論やら
予想もしてなかったような面白い話ができて大満足の時間でした。
みんなが一人ずつ抜けるタイミングも絶妙で
誰かが脚本を書いてるんじゃないかというような「淀みのない時間」でした。
こういうゆったりと心地よくて濃密な時間を共有できることって
簡単なようで意外と難しいものです。
ますますガーデンが好きになった一日でした。
ガーデン_ウミガメ
ポテチチョコ。年忘れドンジャラ大会。
夜ガーデンの後は「cafe-ksuke」^^;でチョコとドンジャラの会を開きました。
ドンジャラに反応したあなた。その前にチョコの説明も聞いて下さい。
先日大分の某デパート(一軒しかないんだけど^^;)で行われた『北海道物産展』で
あのロイズの『ポテトチップスチョコレート』なるものを手に入れて
今日のために温めておきました(ここはあえて日本語のあやにまかせましょう)。
なかなか幸せなおやつでした。チョコの甘さとポテチの塩辛さ+食感。
新潟のチョコ柿ピーも最高だけどコーヒーに合うのはこっちかな。
20041217223858.jpg20041217223909.jpg

おやつのあとはいよいよ「年忘れドンジャラ大会!」
ドンジャラなんて子供の頃以来。もう20。。。まあ随分久しぶりです^^;
麻雀はよく知らないのだけど時間を忘れて没頭する気持ちがよく分かりました。
気付けば夜中の3時。。。「一人勝ちする」宣言をしてたコの一人負けで無事に閉幕。
無事?無事じゃないよぉ。
今日は夜中にやってたジャズのイベントを見に行こうと思ってたのに。。。
ガーデンのチハルさん。ホントに行こうと思ってたんです。
っていうか行ったんです。3時半過ぎで閉店間際だったんですが。。。会えなくて残念。
また楽しそうなイベントがあったら教えて下さい(^_^)v

ともあれ。ドンジャラは楽しい。また再戦を!参加者求む!
ドンジャラ

常連らしくなってきた。
今日もガーデンでゆったりとした時間を過ごしてきました。
おいしいランチを食べて
最近引き込まれているリチャード・ブローティガンの小説を読んで
blogの原稿をパタパタと打って気分転換にブローティガンの詩集を開いて
カフェ・ラテを飲んでまたMacに向かう。足りないのは潮風と波の音くらいです。

そんなこんなで3時間くらいはいたのかな^^;
新人のりえちゃんが新メニューの開発を頑張ってるのになんとなく気付いてて
いい匂いがしてるな~と思っていたらうれしい事に試作品を持ってきてくれました。
「バナナとナッツのケーキ(だっけ?)」。試作品というにはもったいない出来でした^^
チハルさんもOKサインを出してたんで正式メニューに加わる日は遠くないでしょう^^
僕もその日を楽しみに待ってます。
20041217172116.jpg

夜も職場の後輩をつれて再びお店へ。
今日は1日の半分くらいをガーデンで過ごしたなぁ^^
12/17_33gendo
本日12月17日は蓮華王院・三十三間堂が再建された日です(shikibuさん。情報ありがと)。
蓮華王院は1164年に後白河院の勅願によって建立されました。
1001体(!)の千手観音をまつった本堂は圧巻で
全長125mー柱と柱の間が33あることから三十三間堂と呼ばれています。
一度は大火に焼かれましたが
1226年に再建されてから現在まで変わらぬ偉容を誇っています。
僕はほぼ毎年のようにこの三十三間堂へある仏像を拝みに行きます。
「婆藪仙人」という立像でインド七仙人の一人と言うことですが
その彫刻の見事さ力強さには驚嘆の一言です。
残念ながらその写真をネット上で見つけることはできませんでしたが
機会があれば京都まで足を運んでぜひご覧下さい。
他にも国宝「風神・雷神」像や千手観音を守護する二十八部衆など見事な仏像群に圧倒されます。
ちなみに1001体の中に自分と面影の似た観音様が必ずいらっしゃるそうです。
もしくは自分が一番会いたいと思っている人に似た観音様が。。。
残念ながら僕はまだそのどちらも見つけることができていないんだけどね。

年明け早々にtaroさんとshikibuさんをひっぱって拝観してきます(^_^)v
冬の京都は寒いだろうなぁ。
copyright © 2005 A small ,good thing all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。