スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『私が、生きる肌』2011年・スペイン
『私が、生きる肌』2011年・スペイン☆☆☆☆-

 ずっと気になっていた映画をようやく鑑賞。@初シエマ。
 「映画がやってないことってまだまだあるんだな」と素直に感心しました。もう一度観てみたいなと思うのはエレナ・アナヤの魅力だけが理由ではないはず。いやホント美しいのだけど。
 例えばハリウッドがリメイクしてしまうとこういう映像にはならないしこういうエンディングにはならないだろうなという気もします。万人受けする映画ではないし僕も今のとこ☆4つかなと思ってるけど何というかすごく引力のある映画だと感じてしまっている自分がいます。うむ。機会があればぜひ観てください。


  最愛の妻を亡くし完ぺきな肌の開発研究に打ち込む天才形成外科医のロベル。あらゆるモラルを打ち捨た彼はある人物を監禁して禁断の実験に取り掛かる。
私が、生きる肌

スポンサーサイト
120922今日の一枚。
musicApartmentにて。コロンコさん。
初めてモノクロ写真に挑戦。

音楽で表現すること。
写真で表現すること。

120922コロンコBW
『鍵泥棒のメソッド』2012年・日本
『鍵泥棒のメソッド』2012年・日本☆☆☆☆★-

 堺雅人×香川照之×広末涼子。この役者陣で面白くなかったらむしろ罪です。いやぁ。よかった。楽しめた。良い映画は頭の3分でもう楽しいよね。『運命の人』とか他の内田作品を見直すかなぁ。

鍵泥棒
Facebookとの連携を始めてみる。
blogの更新が滞ってるけど
やっぱりきちんとというかまとまった分量のことを書くにはFacebookよりblogだなと。
でもやっぱり反応がわかりやすいのはFacebook。

とうわけでblogを更新したらFacebookに反映されるように実験。
『アリス・クリードの失踪』2009年・英
『アリス・クリードの失踪』☆☆☆-

 密室。誘拐。男と女。男と男。
 オチ以外はなかなか好きです。佳作。

『アリス・クリードの失踪』『アリス・クリードの失踪』
(2012/01/27)
ジェマ・アータートン
マーティン・コムストン 他
商品詳細を見る
copyright © 2005 A small ,good thing all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。