スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【辞典詩集(仮)】わ:別れ
僕はきっと君の言葉を忘れてしまうだろう。
君が今日どんな服を着ていたか。君の香り。君の髪。
僕はきっと君の声を忘れてしまうだろう。
もしかしたら君の顔も忘れてしまうかも知れない。
それでも今日のこの空と海の色はずっと覚えている気がするんだ。
10年後。。。30年後。。。
そういうのって一体どういう気持ちがするものなんだろう。

君はきっと僕の中から消えてしまうのではなくて
僕の記憶の風景に 黒い「欠落」として焼きつけられるんだ。
そういうのって一体どういう気持ちがするものなんだろう。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 A small ,good thing all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。