スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【辞典詩集(仮)】は:葉
数万キロも離れた場所で君がそっと放した言葉に
森の木々はざわめき 思いがけず一枚の葉を落とす
木の葉は風に舞い 湖に触れ 優しくゆるやかな波紋を拡げる
波の輪郭は空からの光をきらきらと反射させながら
音もなくゆっくりと ゆっくりと湖全体に広がる
そうして幾ばくかの時間の後 水面はようやく元の静けさを取り戻す

けれどいまでも 君が散らせた一葉は
湖の深いところを漂い続けている

漂い続けているのです
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 A small ,good thing all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。