スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【コビト通信】2008年3月13日
 仕事の合間に昨晩読み始めた村上春樹訳のカポーティ『ティファニーで朝食を』の続きを読む。映画版(言わずと知れたオードリー・ヘップバーン主演作品)は観たことがなく実はこの小説も村上春樹訳とは言え読むつもりはなかった。本屋であとがきだけ立ち読みをして-という普段絶対にしないことをしたのには少し理由があるのだけれど-惹かれるものがあったので購入。
 想像していたような恋愛ものというかラブコメディというかそう言う作品ではなくて題材の取り方やストーリーの進め方に好感を持った。ただ村上春樹訳の作品にしてはめずらしく言葉の選び方が少し気になった。と言ってもそれはヒロイン・ホリーのセリフの語尾に限定されるのだけれど。それでも総合的に見れば良くできた作品だと思う。

 「そうね、それが普通かもしれない。でも私としては普通よりは自然になりたいんだ」

 あさってのトリニータ・ホーム開幕戦。職場の人たちに声をかけて即席応援団を結成。返事待ちの人もいるけれど最大で10人弱くらいにはなりそう。楽しみ楽しみ。

 Answer×Answer。仕事帰りにセガに寄るとレイアウトが変わってて一瞬うろたえる。さらに2階に4台増えてて合計8台。これで休日に行っても待たなくて良いかも。
 今日は10戦くらいやって7回優勝。順調に50万パワーくらい増加。語学・文学で全国221位。もうすぐジャンルマスターに。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 A small ,good thing all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。