スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【辞典詩集( 仮)】き:傷
僕は君を そっとそっと傷つける
会う度にそっと 君を傷つける
君がその傷に気づく前に 今度は小さな種を蒔く
それは時間をかけて ゆっくりと芽を出し
もっと時間をかけて ゆっくりゆっくりと花をつける

きみはその花に気づき ちょっと困った顔をして
ほとんど僕に隠すようにして
恐る恐る傷跡に触れる
ひっそりと花の香にまどろむ

僕は何も気付いていないふりで 君の肩を抱き
その傷口に その花に優しく言葉を投げかける

なにしろそれは
僕がつけた傷で
僕が蒔いた種で
僕が育てた花だから
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 A small ,good thing all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。