スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【辞典詩集(仮)】や:約束。
コーヒーを淹れて ひとりがけのソファーにもたれる。
最近買った室内履きは もうすっかりお気に入り。
冬がちゃんと こんなに寒いことが とても嬉しい。
壁の時計の刻む音が とても暖かい。

リンゴのコンピューターの電源を入れて
コーヒーを一口。もう一口。
君からの素っ気ないメールが とてもおかしくて とても愛おしい。

風がばたばたとなって 僕は上着をはおって外の様子をうかがう。

何がいつどこで始まるのか 僕らは何も知らない。
何がいつどこで始まっていたのかを。

嬉しいことも悲しいことも どこかで静かに始まっている。
はるか遠くからの星の光のように 僕らに届くのはまだ先のことだけど。

その時のために ちゃんと準備をしておこう。
その声に すぐに気付くことができるように。
その声に 笑顔で応えることができるように。

僕らの未来は もう始まってる。
僕が独りで読むこの本も 君が独りで観るその映画も
僕が独りで飲むこのコーヒーも 君が独りで歩くその雪道も
全部 僕らの未来につながってる。

正直に言うと どんな準備をしたらいいのかよくわからないけれど
僕が正しいと思うことを 君が正しいと思うことを
それぞれのやり方で 読んだり 観たり 飲んだり 歩いたり。

僕らの未来は もう始まってる。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 A small ,good thing all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。