スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【辞典詩集( 仮)】す:スカート
【辞典詩集(仮)】す:スカート

「想像力の欠如。。。」
僕はそう口に出して言ってみた。
「そう。根本的な問題はそこにあるの。想像力の欠如。
『想像する』というのは広い空にたくさんの風船を飛ばすみたいなものよ。
あるものは緑色のカラスにつつかれて割れてしまうかもしれないし
あるものは風船の国に辿り着いて幸せな一生を送るかもしれない」
彼女は刺激的に短いスカートから伸びている美しい足を組み替えながら続けた。
「この場合に『想像力』を象徴するものが何か分かる?
緑色のカラス?風船の国?それとも風船そのものかしら?」
僕は懸命に考えてみたが頭は『他の事』でいっぱいだった。
「どれも違うわ。『想像力』というのはその広い空そのものなの」
なるほど。広い空もしくはブルーのスカート。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 A small ,good thing all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。