スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ロック。玉ネギ。カレー。
 さきほど『ノルウェイの森』を読み終えました。今はもうどうしようもなくうちひしがれています。自分がとても小さな人間であること。わがままで自分勝手でそれがわかっていてまだ自分に「同情している」こと。そんなこんなを考えさせられる小説だと思います(作者の意図は別にして)。
 とてもじゃないけど気持ちの整理がつかなくて大きな音でブルーハーツを聴きながらカレーを作りました。「TOO MUCH PAIN」「泣かないで恋人よ」etc。。。泣きながら玉ネギを切って無心で挽き肉を炒めているといくらか気持ちも落ち着きました。 ロックンロールのおかげなのか硫化アリルのおかげなのかはわかりませんが。。。
 何かを消化するために手を動かして何かを作ることはとても有効です。料理を作ったり文章を書いたり。それでも消化しきれないものが後に残ってしまうのだけれど実はそれこそが一番大切なものなのだと僕は思います。そういうものを僕は大事にしたいのです。それに向き合うことはとてもつらい作業かもしれないし少しの役にも立たないことかもしれません。そんなものに惑わされず囚われずに生きることができれば楽でしょう。でも。そもそもそういう人は芸術や音楽や文章を必要としないのです。
 長くなりました。今日もカレーが美味しくありますように。
20090521165444
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 A small ,good thing all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。