スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東野圭吾『嘘をもうひとつだけ』
東野圭吾『嘘をもうひとつだけ』

 東野圭吾の連作ミステリー集。1996年から99年の間に発表された作品を集めたもので年を追うごとに「上手くなってるな」という印象です。と言っても目をみはるほどのものはないかな。この作家は長編の方が良いのかもしれません。

 -『嘘をもうひとつだけ』☆☆☆★-『冷たい灼熱』☆☆☆->-09/11/18
 -『第二の希望』☆☆☆->-09/11/19
 -『狂った計算』☆☆☆★-『友の助言』☆☆☆★->-10/02/09

嘘をもうひとつだけ (講談社文庫)嘘をもうひとつだけ (講談社文庫)
(2003/02)
東野 圭吾

商品詳細を見る
コメント
この記事へのコメント
こんにちは。同じ本の感想記事を
トラックバックさせていただきました。
この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。
2010/06/01 (火) 11:06:23 | URL | 藍色 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
管理人の承認後に表示されます
2010/06/01(火) 10:59:18 |
copyright © 2005 A small ,good thing all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。