スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【辞典詩集(仮)】む:ムーサ。
【辞典詩集(仮)】む:ムーサ。
芝生の上。公園。五月の。
寝転がって空を見上げる僕の
僕の胸に頭をのせて君は歌う。
時々くるっと僕の心臓の方に向き直って
そこへ話しかけるように囁きかけるように歌う。
何かを注ぎ込むように。
君の歌声は心臓のポンプで
僕の体のすみずみまで運ばれ。

でもそんなこととは関係なく
君の歌声はもうすっかり
僕の心を動かしている。

誰かの。
一人の心を動かすというのはほとんど
世界を動かすことと同じ。

君はそんなことお構いなしに歌い続け
やがてすやすやと眠る。
目が覚めるときっと。と僕はあれこれ想像する。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 A small ,good thing all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。